スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

あつーーーーい

暑い暑い・・・口にしたくないけど・・・暑い!!

我が家のリビングとそれに続く和室のエアコンがこわれました・・・

なぜに2つか!! というと、室外機1台で2つのエアコンという・・ものでしたので。

暖房はすでにこわれていたのですが、東京ガスのおにいさんが(我が家はガスエアコンです・・)
暖房はだめですが、冷房はもうしばらくもつでしょう・・・

といってくれたのが去年のこと・・・

今年の早すぎる梅雨開けの暑さには対応したものの、このぶり返しの暑さにダウンしてしまったようです

あああ・・・2台とも取り換えだよなあ! あああ・・・ふとことだけは寒いひなちな家です。

未分類

ブルームーン


という、薔薇のようです。
実はこれ、春の終わりにゴミ集積場に鉢ごと捨てられていたもの。
枯れ枯れだったのですが、水を上げて、日当たりのよい場所においていたら、この暑い最中、小ぶりながらも薄紫の花を付けてくれました。

そうそう、薔薇って手書きしてみたら、バランスとれなくて(-_-メ)

未分類

大川を

渡ってないぜ、仁先生と橘きょうたろう殿(´Д`)


JIN、最終回でした。
ひなちなは今日、やっと、録画したものを見終わりました、フゥ!

今回は、ちょっと、途中、中弛みぽくなりかけましたが、最終回、なるほど、山本耕史君の理論で、うま~くまとめましたね。

タイムトンネルの入り口は、本所は錦糸公園でした。
しかしながら、

仁先生「錦糸町はどの方向ですか?」

きょうたろう「錦糸堀なら、あちらです」

無駄をなくすためだとおもうけと゛、現代人なら、錦糸公園は錦糸町駅の近くで、昔々はおいてけ堀と呼ばれた錦糸堀があった、ってわかるけど、…
逆を連想するの難しいさね。
でも、勝先生からフランス留学を推薦される、きょうたろうさんだもんね。打てば響くって!
あの体の二人が、御茶ノ水から、錦糸町まで、隅田川は両国橋を渡ったのかしらん(-.-;)大変な道のりだったかもね。
今なら、電車で10分ぐらいだけど(^O^)

地図オタク、ひなちなはすぐに、二人の道筋を考えらずにはいられませんです。(笑)(笑)(笑)(#^.^#)

未分類

阿部様

蒸し暑い日が続いています。

蒸し暑さを癒してくれる花「紫陽花」

今年も鎌倉などでも楽しませていただきました。


そんな中、せんだっての日曜日。東京は文京区にある「白山神社」のあじさいまつりにいってきました。

狭い境内に紫陽花と人であふれていました。

いろいろな露天などが出ている中、ちょっと堅そうな人たちがいるテントがありまして、なんだろうと思ってよってみますと・・・


広島県は福山市の役所のみなさまでした。

白山神社のある 文京区西片は かつて 福山藩の中屋敷があった場所。
幕末の福山藩主 阿部正弘老中は有名ですよね・・

その縁でこの神社で毎年、福山の観光キャンペーンをしています、とのこと。

歴女のはしくれひなちなは かつて、福山は 鞆の浦を訪ねたことがあります←青い文字をクリックしますと、鞆の浦妄想旅にジャンプします。

なつかしくなって、いろいろグッズをあれこれ見ていました。

福山は薔薇の町でもあるんですよ・・・というので、薔薇を描いた絵葉書などを買い求め、いれていただいた袋が下記のもの・・・

        福山つながりか


福山龍馬か・・・

同じ フクヤマだから・・・今年のJINの内野りょうまではなくって。。。やっぱりか・・

それとNHKのご威光なのか・・・!!!!


いやいや NHKのご威光なら・・来年の大河 平清盛は・・瀬戸内海のヒーローではないかい??
そっちの宣伝はいいんかいなああ???と思ってしまいました。

清盛ゆかりの音戸の瀬戸や宮島は福山市ではない・・・・ってことで 積極的な宣伝はないのだなああ・・・・と感じました。

未分類

オスカル!!

再来年のNHK大河ドラマが発表されました。

 「新島襄の」が主役です。

震災からの復興支援プロジェクトの一環での決定とのことです。

この、発表を聞いて ????えええ????だれえええ???その人???

とおもったかたも多いと思います。

新島襄 ですら・・私は キリスト教。同志社 ・・・・ぐらいしか連想できず、ましてその、となると??????でしたが・・・

彼女 新島八重さんのことを調べていくうちに・・・

ムクムクと再来年の大河ドラマの期待が沸いてきました・

其の1  会津藩の抱術師範の家(山本家・・山本勘助と関係あるのかなああ???)の娘

其の2  戊辰戦争の時は 断髪し男装してスペンサー銃をもって参戦
    幕末のジャンヌ・ダルクと呼ばれ


其の3  夫をかしずかせ、車にも夫より先に乗る姿を見て世間から悪妻と評されながらも、毅然とし

その他・・・当時 抜きんでた個性の持ち主。。。

などなどあるが・・・

ひなちなかーさんがの心にきゅうううううっとしたポイント



1845年 弘化2年会津生まれ  総司や斎藤はじめちゃんたちとほぼ同世代であるということ。
会津での少女時代、はじめちゃんの奥さんとなった 時尾さんなどと知り合いであった可能性もあるということで、とたんに胸がきゅんきゅんしました。


すぴぱる
電力使用状況&電気予報
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ひなちなかーさん

Author:ひなちなかーさん
函館の五稜郭タワーにいる「歳三」のほっぺたをなでている乙女なかーさんです

最近の記事+コメント
訪問者数
カウンター
ブログ内検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。