スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

ごめんください




このゴールデンウイークは遠出をしないで、近場をチョコチョコと回っています。

今日は千葉県の佐倉へいってきました。

佐倉はどこかって?
はい!地図を挙げておきました。

佐倉は ・ミスター長嶋の故郷!
    ・幕末時 日米修好条約を締結した 老中・堀田 正睦の領地
    ・国立歴史民族博物館のある町
    ・義民 佐倉宗吾がいました。
    ・成田空港へいく途中 京成スカイライナーでも成田エクスプレスでも途中、ただひたすらにタンボが広がっているあたり・・

    ・そして、総司など大変お世話になった 松本良順センセの故郷であります。


今日は、下総佐倉11万石 譜代土井家 堀田家など9家、最多の老中を輩出した城下に残る 武家屋敷を紹介します。

城下町には あたりまえですが、お殿さまの住まいと藩の役所としての お城と家来である侍たちの武家屋敷があります。
江戸時代も遠くなりましたので、お城も武家屋敷も当時のままのものは、なかなか残っていません。

関東大震災と空襲があり、首都としての機能が最優先された東京には 旗本八万旗と御家人と三百諸侯の藩邸とその家来が住む家とう 膨大な武家屋敷があったはずなのに、まったく残っていません。

それが佐倉には奇跡的にこの平成の時代になっても24軒も残っているとのことです。
これは全国最多とのこと!

残った理由のひとつに 明治になってすぐ佐倉城は陸軍の連隊が置かれ、武家屋敷はそのまま軍人の官舎へとされたため、といわれています。

現在、復元、移築もふくめて整備され、石高に応じて建てられた3軒が隣り合う形で公開されている。

大屋敷式台

写真が見難くて申し訳ないですが、これは 三百石以上千石未満の家来が拝領した屋敷(大屋敷)の玄関。
 
  式台で武家の玄関の格が決ります。 2間ありました。(4畳です)


raikyaku


門から入って折れる形で「ごめんください」というのでしょうか?

来客用の座敷の前に前庭があります。縁側もついていまして、客用のおトイレもありました。

文献では弘化2年(1845年)には確実にあった建物だそうです。

縁側

縁側から回ってみました。

居間などの私的な空間です。とっても伸びやかな家に思えました。 この家で敷地が759坪 裏庭には菜園もありました。

家庭菜園

お茶の栽培もしていたようです。

武家の奥方というと、座敷に座っている というのが時代劇の形ですが、この三百石を超える扶持を頂く中流以上の家でも、自家用の野菜作りに精を出していたのでしょうね!


100koku monn

こちらは先ほどの家より家格が低い 百石以上の家(中屋敷)の門構え


長屋門と禁止で腕木門または木戸門と決められていたとのことです。

100koku 1

その門から入って正面が玄関。間口は二間で大屋敷と同じですが、式台にも規制がありました。


100koku yoroi

この家の座敷に飾ってあった鎧二両。
親子のものでしょうか?

大事に大事にされていたのでしょうね・・・

大屋敷に比べて、せまい感がありましたが、光や風の通り道などを工夫されていました。




百石未満

これは 百石未満の家。小知 といいます。それでも、敷地は290坪。

玄関の式台は箱段のみ! 仲の口とか仲の間と呼ばれる、取次の部屋がありません・・・(なくてもよかったんでしょうね)

しかし、座敷などの格は 「お武家さま」という雰囲気を醸し出していまして、作りは農家のようですが、やはり何かが違いますね。

この家だけ 屋根が銅葺きですが、これは 本来は萱葺きだったのですが、現代では 萱の材料を集めるのが大変で、修繕にあたって銅で葺いたとのことでした。

華美を戒めた質素倹約の造りをみることができました。
畳などにも規制があり、百石未満の家ではへり付きは玄関と座敷しか使ってはいけない・・・等々・・・

ふうううう うるさいなああ と思いますが、拝領屋敷であり、身分制度の厳しい当時では仕方なかったのでしょうね。


下の写真は、武家屋敷が立ち並ぶ道。昔の形で保存されているのはこれだけですが、この道は風情があります。

土塁と生垣が連なっています。
これはこの佐倉独特の造りなのだそうです。

道路について門を設け、屋敷の裏は畑にして背後は竹藪になっています。

舗装された道路ではありますが、生垣の中から、武士がでてきそうな様子が容易に想像される一角でありました。

この3軒を中まで、充分に見学堪能できて、入場料210円です・・・

この良心的な価格に頭が下がりました。



土塁と生垣

次回も佐倉散歩です!!


スポンサーサイト
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

すぴぱる
電力使用状況&電気予報
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ひなちなかーさん

Author:ひなちなかーさん
函館の五稜郭タワーにいる「歳三」のほっぺたをなでている乙女なかーさんです

最近の記事+コメント
訪問者数
カウンター
ブログ内検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。