スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

面の中

今日は1年ぶりに 表仕様(笑)の短歌ブログを更新しました。⇒まじめな短歌ブログです。

そちらで 私が所属する短歌結社が主催した、小学生の短歌コンクールで入選した最優秀作品を掲載しましたが、それ以外に入選したなかに 一首、時代劇。剣術スキーが 萌える(笑)ものがあったので紹介いたします。

面の中左の短歌 小学校6年生の男の子の作品ですが、 何を思い浮かべたかはもう みなさんと同じです。

6年生というと、数え年で12歳か13歳ですよね。

蝉の鳴き声が庭を占領していた 江戸市ヶ谷の道場で、一心に剣道のけいこをする 沖田宗次郎少年。

澄み切った彼のまなざしや床を摺る足音までも聞こえてくるような 気分になりました。

このコンクールは応募締切は9月末なので、全国の小学校のなかには、夏休みの課題のひとつとして取り上げれている学校もあるとか・・・

まじめな歌でこんなこと 想像してしまって 罪なひなちなおばさんでした。

(余談)
下句・・・「見えてる」 「見えている」が正確なのでしょうが、今回はこうしたことは不問であったようでした。
今年の宮中歌会始 の入選歌のなかにも 「あら??」とおもわれるものがあって、ちょっと話題になりました。

が 、そうした 文法のあれこれを凌駕する 作品であった ということだと思います。

文法も生き物ですので、動いている ということなのでしょうね。


<拍手御礼>
 晩狸さま

   早々にご教授いただきまして、ありがとうございました。
   さっそくに制作させていただきました。
   さっくりとわかりまして、声をあげてしまいました。
   
   江戸めぐり・・はい! 東京にはまだまだ 江戸が眠っております。
   楽しんで ゆっくりとはなると思いますが、ボチボチとやっていきたいと思っております。

   応援 ありがとうございます。
   短冊 大切に使っていきたいです。
 
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

すぴぱる
電力使用状況&電気予報
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ひなちなかーさん

Author:ひなちなかーさん
函館の五稜郭タワーにいる「歳三」のほっぺたをなでている乙女なかーさんです

最近の記事+コメント
訪問者数
カウンター
ブログ内検索

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。